ONELIFE

結婚式カメラマンチームによるウェディング(ブライダル)撮影。「撮影を人生の思い出に」をコンセプトとしてオリジナルのプランをご用意しています。東京 横浜を拠点に全国各地、持ち込み結婚式カメラマンをお探しの方はONELIFEへ。


写真の関連情報

写真(しゃしん、寫眞、英語: photography)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。 英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」と訳される。"photograph"から、略して"photo"(フォト)と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

技術が高いと言われているカメラマンでも、実際に撮影した写真を確認しないと信用できない人もいます。結婚式の写真を撮影してもらう場合は基本的に1発勝負になるので、失敗されてしまうと非常に困る人もいるでしょう。実際に撮影した写真を確認できれば失敗することなく判断ができます。結婚式場で働いているカメラマンの場合も、外部のカメラマンの場合でも、撮影した写真を見せてもらうことができます。サンプルと言う言葉で表される場合もありますが、このサンプルを見せてもらうと安心して依頼できる人なのか、また別の人に依頼をするべきなのか判断できます。サンプルを見せてほしいと伝えたのになかなか見せてくれない場合は自分の技術に自信がなく、撮影を依頼しても自分が納得できない写真ばかりになってしまう可能性もあります。どのカメラマンに依頼をしようか迷っている場合は、まずサンプルを見せてくれる人に絞り込むようにしましょう。サンプルを見せてほしいと伝えるとインターネット上で確認してほしいと言われる場合もあります。この場合はなるべく依頼をするのを避けた方が良いでしょう。インターネット上に掲載されている写真は、修正などを行い魅力的に見えるようになっています。実際の写真と比較してみると大きな差になっている場合もあり、そのまま依頼をしてしまうと自分が満足できない状態になります。しっかりと写真として見せてくれる人であれば信用できると言えるでしょう。結婚式場のカメラマンの場合はパンフレットなどに写真のサンプルが掲載されている場合もあります。この場合もインターネット上の時と同様で、現物をしっかりと見せてもらうようにしましょう。パンフレットに掲載されている写真も同様に修正ができるからです。本当に技術に自信がある人はいくつかサンプルの写真を見せてくれるので非常に判断しやすくなります。