Amour Home


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サーファーズハウスを建売で購入するメリットは、実際の暮らしをイメージしやすいことです。 一つ一つオーダーしながら作ると、頭の中で実際の暮らしをイメージしながら、工務店に要望を伝える必要があります。 そのため、完成後に頭の中のイメージとの違いに気付き、使い勝手が悪いサーファーズハウスになる可能性は高いです。 建売ならすでに完成した建物を見ながら、実際の生活をイメージすることが可能です。 たとえば家事の動線も体験しながら確認できるので、使い勝手を確認してから購入を決めることができます。 また、完成している建売のサーファーズハウスなら、生活を始めるまでの期間も短くなります。 一から工務店にサーファーズハウスの注文をすると、打ち合わせを繰り返してプランを決めて、施行もしなければいけません。 しかし、建売なら工務店と売買に関する手続きを終わらせれば引き渡されるので、夢のサーファーズハウスでの暮らしをいち早く始めることができます。
Tagged on: ,Amour Home