銀座 誠友堂

金を小分けしないで売却すると必要になる支払い調書についてご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

平成24年1月1日から金地金やプラチナ地金について、それらのものを買い受け代金を支払う者が支払の明細を記載して税務署に提出するという義務が課されました。これを税務署に提出する書類を支払調書といい、所得税法の規定に位置付けられています。この支払調書が義務化される前においても、金等を売却して譲渡益が発生した場合には、譲渡所得として課税されていました。そして短期譲渡所得と長期譲渡所得の区分の中で自分が行った譲渡について確定申告等で納税額を申告し、納付するという制度でありました。しかし、実際には、これらの譲渡を行っているにもかかわらず、確定申告等を行わず納税していないという事態が多数見られる状況にあったのです。この納税漏れという問題に対して、税務当局で売買実績を掴み納税漏れ問題を生じさせている者に対して調査し、納税を促す対応をする必要に迫られました。その方法として支払調書で売買実績を把握し、課税対象となる取引について目を光らせることとしたのです。
Tagged on: ,銀座 誠友堂