ガス屋の窓口

プロパンガス・LPガスの料金見直し、会社変更は「ガス屋の窓口」にお任せください!全国702拠点のネットワークで、「料金保証付き」&「地域最安値」のガス会社をご紹介。ガス会社の比較やガス料金・ガス器具の相見積もりも、当社にて無料で行います。プロパンガスのことなら、なんでもお気軽にご相談ください!


ガスの関連情報

ガスとは オランダ語と英語: gasのこと。気体を意味する。本項で詳述する。 ガス燃料や毒ガスなどを意味する俗称。ガスとは英語で気体のことである。日本語では当て字で瓦斯とも表記する。性質など詳細に関しては気体を参照。 語源はカオス(混沌)のフランドル風発音からであり、気体を研究したフランドルの医師であるヤン・ファン・ヘルモントが呼び始めたのが元になっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ガスにはいろんな種類がありますが、一般家庭で使用されるガスには都市ガスとプロパンガスの2種類で大きく区別されます。この2つは気体の性質が大きく異なってるために、同じコンロをそのまま使用することはできません。というのは都市ガスは空気よりも軽い気体であり、プロパンガスでは空気よりも重たい気体だからです。そのために都市ガスでは都市ガス用のコンロを、プロパンガスではプロパンガス用のコンロで使用する必要があります。なおこの2つのガスは本来は無臭なのですが、ガス漏れでの異変に気付きやすくするために、敢えて臭いをつけています。しかしさらに気を付けないとならないことは同じ都市ガスでも地域によってそのガスの性質が少々異なる点です。というのは現在のところは日本全国で完全にガスの規格統一が完了していないからです。かつて都市ガスでは地域ごとに異なる規格で運用されていました。その種類は都市ガスだけでも全部で13種類ほどが存在していました。しかしこれでは全国各地の利用者に対して混乱を与えてしまい、安全性と利便性で劣るために、経済産業省がその規格統一を促して順次統一されてきています。経済産業省が規格統一を推奨してるのは13Aというガス規格です。大半の場合はその13A規格へ統一されてきてるのですが、未だ一部の地域ではそれ以外の規格のままとなってます。そのためもし他地域へ引っ越しなどする際は、それまで所有していた都市ガス用のコンロが必ず使えるという保証はありません。それゆえに移住先で契約する際には、実際にコンロをスタッフに見せるなどして検討してもらい、もし使えなければコンロ自体を使えるように改造してもらうか、買い替えるかの選択が要求されます。なお一方のプロパンガスの場合はほぼ全国統一されてるのでそのままでの使用が可能だとしていますが、念のためにやはり移住先での契約の際に見せて使用可能か検討してもらう必要があります。なお料金は都市ガスは地域ごとの統一規格に対して、プロパンガスはガスボンベの充填交換や運搬の必要性から価格競争の状態となっています。
Tagged on: ,ガス屋の窓口