DRERICH

ウェディングドレス・タキシード&ゲストドレスのレンタルなら東京・横浜・名古屋・大宮全国4店舗のドレリッチ!結婚式・披露宴・二次会ウェディングドレスが14,850円から。ゲストドレス8,580円。レンタルドレスの全国配送ネットレンタルOK


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔であればたくさんの人を招いての、豪勢な披露宴で結婚式を盛り上げるのが主流でしたが、現代人はもっと結婚式に対してシンプルに考える傾向があります。すべてのカップルというわけではないですが、結婚式や披露宴にお金をかけるよりも、それらはシンプルにして、これからの生活に必要なシーンにおいてお金をかける、地に足の着いた結婚式が人気です。最近の人気のスタイルの一つはフォトウェディングであり、盛大な挙式や披露宴をゲストを招待してあげることはなく、本当に結婚式は写真撮影だけになります。一昔前ではあまり考えられない結婚式の在り方ですが、披露宴も挙式もなしの結婚式だとしても、写真撮影は本格的です。あこがれの美しいチャペルで撮影ができますし、プランを選ぶことで一般の披露宴のように、お色直しだってできます。披露宴だと化粧崩れだとか、フラッシュのたき具合だとか、何かと写真写りで気にすることが出てきやすいですが、本当に結婚式の写真撮影だけなので美しい写真を残すことが可能です。女性が大好きなファッション雑誌では、美しいモデルたちが魅惑のメイクで微笑んでいますが、驚くほどきれいで一点の曇りもありません。しかしあれば雑誌の撮影用に施したメイクであり、メイクをして1時間ほどの間に撮影をするのですから、メイク崩れを起こす暇もないわけです。その結婚式バージョンのようなものですから、一切のメイク崩れを起こすことなく、プロが光加減なども確認しつつ撮影をするので、写真だけの結婚式の画像が美しくないわけがありません。ある意味実際に高額な挙式や披露宴を出すよりも、はるかに充実をした写真をいつまでも残すことのできる方法です。専門のフォトスタジオでの小道具を利用しての撮影はもちろんのこと、希望によりスタジオを飛び出して撮影へ出かけるような、ロケーションプランなどもあります。でもフォトウェディングの場合は、写真撮影のみですから撮影の集中ができますし、プロカメラマンだけではなく、プロスタイリストやプロのヘアメイクまでいるので、写真撮影はばっちりです。