(株)藤建企画

駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て,不動産の相談に乗る藤建企画へ。こだわりからご希望の物件をお探しできます。調布市と狛江市の新築一戸建ての写真掲載数、地域一番店を目指しています。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産とは動かない産物の事を総じて言います。その代表的なものが物件です。所謂建物になります。私たちが毎日生活している家からその敷地内に佇む全ての建物が対象と言う事になります。そして家の方には私たちが日々利用している建物、学校もあります。会社もあればお店もあります。つまりは建築されている建物が全てが不動産と言う事になります。他にも一番の動かざる動産と言うのが地面です。つまりは土地と言う事になります。この土地が不動産としてはなくてはならない産物と言う事なります。それは何故かと言えば、土地がなければ動かざる産物も産まれないと言う事になるからです。土地としても様々です。既に建物が建築されてあるその場所でなら、何度も更地にして建て替えが出来ます。そして新しい事業計画であれば、今度は土地を探してその土地を購入すると言う展開となります。そうです。つまりは不動産と言うのは動かざる産物と言う事で、ひとつの事業と言う事になる訳です。既に建てられている物件であれば、その物件についての使用目的で売買が成り立ちます。もしその建物が空き家であればの話です。俗に言うテナント募集と言うフレーズが窓に掲示されている場合があります。つまりこれがこの部屋は空き家となっているから使いたい方を募集していますと言う意味です。不動産には必ず所有者が存在します。そのために空き家をそのままにしておくだけで維持費が掛かります。そのために空き家をそのままにしておくよりは誰かに貸して賃貸料でその空き家を維持すると言う方法がある訳です。そして土地です。この土地の場合は更地であろうが野原であろうが、田んぼであろうが畑であろうが、必ずその面積で価格が異なります。確かに安価な場合は安価ですが、高い土地は畳一畳の面積で十数万円と言う価値があります。そのために都市と地方との土地の価格は異なると言う事です。家が建築される土地で数百万と言う価格と言う事になります。そのためにマイホームを新に購入すると数百万、または数千万の価格になるのが不動産事業です。
Tagged on: ,(株)藤建企画