3rd

無垢材を中心とした天然素材のオーダーメイドインテリアショップ。ソファ/テーブル/チェア/デスク/収納家具/インテリア小物などを制作・販売しています。東戸塚、たまプラーザ店からの最新情報をお伝えします。


家具の関連情報

家具(かぐ)は、家財道具のうち家の中に据え置いて利用する比較的大型の道具類、または元々家に作り付けられている比較的大型の道具類をさす。なお、日本の建築基準法上での作り付け家具は建築確認及び完了検査の対象となるが、後から置かれるものについては対象外である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

インテリア家具の設置や配置よって、手狭となるお部屋を広く見せたり、モダンやポップなどのテーマで雰囲気までも様変わりさせることができます。また、家具は設置する場所を決めるまでに悩みがちで、寝室であれば、ベッドの位置を部屋の中央なのか、はたまた窓際なのか、この違いによって、寝室での過ごし方が異なることもあります。例えば、中央にベッドがあれば、家具の位置も自ずとベッド周りに定まってきます。女性ならば、チェストやドレッサーなども必要とするため、寝室が狭く見えがちです。ベッドの上でくつろぎたい人ならば、ソファーベッドという手もあります。一方、窓際とした場合には、朝日も差し込んでくるので、早起きが苦手な方にとって利得となりますし、その他の家具のレイアウトにもゆとりが生まれ、圧迫感は少ない印象づけが期待できます。その他、お部屋のスペースや、収納量に合わせて、組み替え可能となる家具類を取り入れるのも1つの手段で、特に収納量が必要になったり、成長によって組み替えたいのは、子ども部屋です。お子さんの学習スタイルに合わせたレイアウトで、長く使い続けられることも重要視したい内容です。特に一人っ子ではなく、兄弟や姉妹がいるご家庭では、子ども部屋を一室しか作れないケースも少なくはありません。こうした場合には、マルチに活躍する家具選びが大事で、例えば、学習机とベッドが一体になっていれば、省スペースである子ども部屋でもスッキリとした印象を与えます。同じように、ベッドも二段であったり三段、さらには一段でありながらも床下収納のように、二段目のベッドを一段目の床下に納めることで、使いたい時にだけ出し入れができる種類までが提案されています。なるべくならば、温もりのある木材で作られていたり、釘を使わず、接着剤なども安心・安全性のあるもの、お子さんが小さい場合には、角にも丸みがあるなど、アクティブにお部屋を使うお子さんならではの選び方も必要です。