eiwa

大規模修繕は東京・神奈川にオフィスがある株式会社永和工業を是非、ご利用下さい。リニューアル工事を始めて約30年の実績とノウハウを持った総合リニューアル会社。関東全域1都6県で事業活動しております。お気軽にお問い合わせ下さい。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅を購入する場合だと一戸建てと分譲マンションの2つに大きく分けることができます。分譲マンションの強みは都市部の土地の高い駅前などに建造できてそこに住めることです。そのためアクセスなどの利便性で一戸建てに比べて有利になります。けど分譲マンションを購入するときは、契約してからそこを売却して立ち去るまで生涯ずっと一戸建てとは違うお金の払い方が要求されます。一戸建てと違うお金の払い方として大規模修繕の存在があります。というのは分譲マンションにしても一戸建てにしても建物は年月が経過したら老朽化します。そのためその老朽化を少しでも食い止めるために時々は外壁塗装や水道管取り換えなど保全工事が必要で、そのためのお金を貯めておかないとなりません。一戸建て住宅の場合は所有者が基本的に1人だけなので所有者のマイペースで修繕費を貯蓄し、自分で修繕工事を決定すればいいのですが、分譲マンションの場合だと所有者が複数になるので公平性が保てません。そこで全員で一律にして決めようということで管理組合設置が義務化されてます。そしてその管理組合に全員が従う格好で毎月毎月約数万円ほど管理費と修繕積立金を支払うように決められています。この支払金額は入居時の契約事項に書かれてるので、最初の時点で異論を唱える人はいません。異論を唱えれば契約事項に反するからマンションは買えません。問題は入居してからの対応で、実際には途中で売り払って出ていく人もいるなどして空き戸がでるのを想定して、その分の上乗せをしないとなりません。そうでないと必要な修繕金を全部賄うことができないからです。そのため途中で何度も値上げすることを想定しなければなりません。また実際に修繕する工事費用も建設資材や人件費の値上げがあるので、それも見越して値上げを想定しないとなりません。修繕積立金は常に不足気味であるのが現状となります。さらに大規模修繕を行う場合は管理組合が自ら住民代表として研究会を随時開いて工事費や工事するべき場所の研究を行わないとなりません。というのは管理業者に任せてると余計な工事費を取られたりなどずさんな対応をされるからです。