株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。建設事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建設物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

建築事務所は、計画から設計、法律の施行なども担います。設計事務所では、具体的な事柄から漠然とした質問まで、設計士と直接話しができる家づくりを行ってくれます。有資格者がいるものの、デザイン事務所とは一線を引き、土地も探せる、模型も作れる、現場監督となる有資格者が集まる事務所が建築設計事務所です。建築と違い、建設事務所は土木や造園、海洋分野を得意とし、街づくりに貢献、大きい括りになりますが、眺望を含む住環境を変化させる都市計画も担います。建築設計事務所でも建設事務所でも、見学したければ、離れたところから写真やビデオ撮影も可能です。作業中は重機も稼動していて危険ですから、現場見学は一声かけることをおすすめします。住宅街に展開している建築設計事務所の多くは、個人住宅の建築企画、設計や監理が主な仕事内容ですが、一般の住宅設計ですから、家具を作るプロダクトデザイナーも籍を置く事務所も少なくはありません。建築に際しての土地の検討もあるでしょうし、相談に対応しています。大手ではなく、中小企業でも優良建築設計事務所はたくさんあります。大切なのは、パートナーに相応しいのかどうかです。センスや力量は施工実績からチェックができますが、例えば、建築士と建築主とのフィーリングが大切だと考える建築設計事務所ならば、結果、高い満足度を得られる調査結果も出ているほどです。これには前提として、自社施工を行う事務所でなければならず、但し、オフィス兼住宅、投資用となる大型物件については例外もあり、設計のみ提案する事務所が優良会社とも言われています。というのも、専門性やコスパ、施工、どれか1つでも規格外ともなれば、優れている他社を紹介する方が自社、提携先、そして建築主、三本柱がしっかり構築できます。最近では、できないことはできない、こうした建築設計事務所が多くなっています。投げ出すことなく、責任施工の意思表示の1つで、斬新な家づくりも良いでしょうが、その事務所でメンテナンスができる範囲の構造、工法であるのか、選ぶ基準にもなります。
Tagged on: ,株式会社北工房