さきさかクリニック

長瀬駅で内科・消化器・糖尿病・循環器・呼吸器など診療を行っている東大阪市「さきさかクリニック」です。地域の医療と健康を支えるために昭和17年に開院致しました。約80年の歴史から得られたノウハウで、的確で持続可能な医療を提供します。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

厚生労働省の掲げる方針としてあるのが、かかりつけ医を持とうという考えです。自分の身体を知ってくれている医師が近くにいることで、いざという時にも安心です。また、病気を早期に発見することで医療費の抑制にも繋がります。総合病院や大学病院の混雑も緩和されますし、国民全体にとってメリットは大きいのではないでしょうか。そんなかかりつけ医の根幹となるのが、内科ではないでしょうか。日本は世界的に見ても病院の多い国ですし、内科医が多いことでも知られています。血液内科や糖尿病外来、更には婦人科系に分類されています。大きな手術をする前に病気を発見出来ればベストですし、医師の腕にかかっていると言えるのではないでしょうか。日本人に多いがんとしては、胃と肺が挙げられます。特に胃がんは増えていて、死亡原因のワースト一位になっています。早期の発見をするには、二年に一度は内視鏡検査をしておくことです。以前は苦しい検査の代表と言われた内視鏡ですが、鼻腔から管を挿入することで不快感は少なくなっています。必要であれば鎮静剤を使うことも出来ますし、苦痛を嫌って検査を受けていない方は、是非とも受けるべきではないでしょうか。初期の胃がんは内視鏡で除去することが出来ますし、身体へのダメージも少なくて済みます。肺がんも同じで、定期的なCT検査を受けておくべきです。人間ドックの重要性も高まっていますし、異変を感じる前に病気を訪れるべきです。医師と患者は平等な関係であるべきですし、そうなることで患者の恩恵も大きくなるのではないでしょうか。女性の内科医も増えていますし、ナーバスな相談も言い易い環境になっているはずです。乳がんや子宮がんに関しても、検査の技術は格段に上がっています。恥ずかしがらずに検査を受けるべきですし、乳房の温存療法も進んでいます。日本人の平均は世界ナンバーワンですが、根幹にあるのが医師のレベルの高さだと言えます。
Tagged on: ,さきさかクリニック