はなおかIVFクリニック品川

「はなおかIVFクリニック品川」は東京の不妊治療、体外受精専門クリニックです。【大崎駅徒歩90秒】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都では、特定不妊治療費助成指定医療機関で高額の治療費がかかる場合、患者の経済的負担を減らすために治療費の一部を助成しています。東京に住んでいて体外受精や顕微受精を考えているなら、まずは東京都特定不妊治療助成事業に制度の確認をしてみましょう。助成金制度を活用するためには、東京都へ申請して審査を受ける必要がありますが、経済的不安が少しでも軽減出来ればそれが一番です。医療機関によっては、保険適用外の料金について、結果に合わせた報酬制度を導入しているところもあります。条件があるのが一般的ですが、万が一体外受精などを受けても妊娠に至らなかった場合でも、費用が抑えられれば治療の機会も増やせるでしょう。例えば、妊娠が成立しなかった場合にかかる費用を、成功した場合の2分の1から3分の2程度に抑えられる仕組みを導入している医院などもあります。治療の進行状況や内容によって変動はしますが、成立したケースと成立しなかったケースとできちんと分けられているのは信頼出来ますね。体外受精というのは、採取した卵子と精子を受精させて受精卵になった状態で子宮に戻す治療法。成功率を上げるために、内服薬や注射で卵巣を刺激し、なるべくたくさんの卵子を採卵します。当日は精液も準備し、運動性の高い精子のみを一緒にして受精を図ります。受精卵は培養液で培養し、胚にまで育てます。受精後2〜3日で初期胚移植を行うか、受精後5日ほど培養してから胚盤胞移植を行うかは、治療歴や卵巣の状態、本人の希望などから決定します。胚盤胞移植のほうが生命力が強いと考えられていますが、同時に胚に何らかのダメージが加わるリスクもあるため、成長が止まってしまう可能性もあります。他にも成長した胚を凍結保存しておく凍結融解胚移植もあり、この場合は子宮内膜の状態を整えてから移植出来るのが利点です。胚移後はホルモンを補充し、約2週間後に妊娠の有無の判定となります。
Tagged on: ,はなおかIVFクリニック品川