株式会社オデット

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小さい頃からバレエを習わせてあげる両親もたくさんいますが、どんな部分に魅力を感じて、子供にバレエを習わせたいと感じている場合が多いのでしょうか、この部分をしっかりと把握しておくと、自分も通わせてあげたいと感じる傾向があります。多くの人が通わせている理由は、姿勢が良くなると言う部分になります。自分の子供にはなるべく姿勢を正して生活をしてもらいたいと考える人がたくさんいます。実際に姿勢が悪い場合と、姿勢が良い場合では、姿勢が良い人の方が魅力的に見られる傾向があります。子供のうちから、姿勢があまり良くない状況が続いてしまうと、魅力的に見えないだけではなく、腰痛などに悩まされてしまう場合もあります。子供のことをしっかりと考えた上で、通わせてあげる人がたくさんいると覚えておきましょう。バレエと聞くと、女の子が習うイメージが非常に強いですが、年齢が若い場合は男の子でも問題なく入会をして習うことができます。姿勢を正す目的がある場合は、性別に関係なく入会をさせて習わせてあげると良いでしょう。もちろん自分の子供が通いたくないと考えてしまったり、通っていても全く楽しい表情をしないなどの場合は、その先のことをしっかりと考えなくてはなりませんが、楽しく行っている場合は、問題なく続けさせてあげると良いでしょう。姿勢が正しくなり魅力的な人間になれるだけではなく、自分がやりがいを感じることを小さい年齢のうちから見つけてもらえるので、その部分も大きな魅力だと言えるでしょう。バレエ教室によって、異なる部分ではありますが、どんな練習をしているのかなどを確認することができる場合があります。見学をすることができると書かれている教室の場合は、子供を連れて確認をしてみると良いでしょう。子供があまりにも小さ過ぎる場合は、親が判断をしなくてはなりませんが、ある程度の年齢になると子供も自分で習いたいかなどを考えることができるので、子供の意見も聞いて判断をするようにしましょう。
Tagged on: ,株式会社オデット