有限会社グリーン住宅


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産業者を利用して賃貸物件を契約する人は非常にたくさんいますが、必ず確認をしなくてはならない部分があると覚えておく必要があります。どんな部分を確認しなくてはならないのかと言いますと、その場所でどれくらい長く営業しているのかになります。全国に店舗を持っている不動産業者に足を運んで契約を行えば、安心することができると考えている人がほとんどになりますが、大手だからと言って安心をすることができると勘違いをしないようにしましょう。大手の場合でも、営業をして日が浅い場合は、自分が満足するような賃貸物件などを紹介してもらうことができない可能性が高いです。もちろん大手にもメリットはありますが、なるべくその地域で長い間営業している不動産業者に足を運ぶようにしましょう。なぜ長く営業している不動産業者であれば安心をすることができるのか疑問を感じる人もいるはずです。長く営業をするためにはそれだけたくさんの利用者がいなくてはいけません。あまり信用することができないと利用者に考えられている場合は、利用してくれる人が非常に少なくなってしまう傾向があり、長く営業をすることができません。大手の業者でもその場所で長く営業している場合もありますし、地域密着型のような非常に小さい不動産業者の場合でも、長く営業をしている傾向があります。接客の部分を重視して不動産業者を選びたいと考えている人は、大手の店舗に足を運ぶことをお勧めします。不動産業者は全国各地にたくさん存在していますが、しっかりと社員教育が行き届いているのは、大手の業者になります。地域密着型のような小さい不動産業者の場合は、上から目線で話をされてしまう可能性もあるので、納得をすることができないなどの場合もあります。接客の部分にあまり執着をしない人の場合は、その場所で長く営業している場所を探せば良いですが、なるべく最初から最後まで気分良く契約を行いたいと考えている人は、大手の業者を利用すると覚えておく必要があります。
Tagged on: ,有限会社グリーン住宅