三和産工株式会社


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昨今では、エネルギーに配慮している方々も多いです。いわゆる省エネです。建物などで様々な機材を使用していれば、電気なども使う事になります。しかし電気を使用するにしても、電力が求められる訳です。電源を確保しておかなければ、機材を使用する事はできません。ところで人によっては、その電力コストで悩んでいる事もあります。光熱費がやや高く付いているので、何とか節約したいと望んでいる方々も多いです。しかし暗い場所を照らす必要もありますから、電気を使わない訳にもいきません。何とかして省電力を実現したいと望んでいる方々も、とても多いです。そのニーズがある時には、蓄光の製品を採用してみるのも一法です。蓄光の性能がある製品は、光を吸収してくれる性質があります。例えば昼間は太陽の光が常に照射される場所に、その性能が兼ね備わっている製品を設置しておく訳です。すると昼間の時間帯は、その製品が太陽の光を吸収してくれます。エネルギーが、徐々に蓄えられる訳です。それで夜の時間帯になれば、その蓄えられたエネルギーが放出されます。つまり夜に光ってくれる訳です。それを光らせる上で、特に電力を確保する必要もありません。太陽の光エネルギーが貯められる訳ですから、わざわざ電力を使わないからです。上記の省エネに関心がある方々にとっては、そのメリットは大きいです。電力を使わないなら、二酸化炭素の排出量なども減少されます。普段の日常生活で電気を使っていれば、実は二酸化炭素も出ている訳です。ですから電力の使用量が多い建物などは、多くの二酸化炭素が放出されている状態になります。それはあまり環境に良くないと言われる事も多いです。しかし蓄光性能がある製品を、所定の箇所に設置しておけば、特に二酸化炭素が排出される訳でもありません。とてもエコロジーです。また電力などをむやみに使用する事もありませんから、省エネルギーを実現できる訳です。ですからエネルギーのコストが気になっている時には、蓄光性能がある製品を設置しておくのがおすすめです。
Tagged on: ,三和産工株式会社