三和産工株式会社

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

交通施設を見てみると、道路の脇や電柱と一緒に標識がついているのを良く見ます。これは日常的に目にする交通整備のための必要なアイテムで、特に自動車に乗り始めるようになってから意識されるという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。例えば一時停止の標識がある場所では、一度自動車を停止して人の通行がないか確認した上で、また動くという動作が必要になります。この標識がある理由としては、視界が狭くスピードを出したままその場所を通りすぎてしまうと人や他の自動車との衝突の可能性があるということが挙げられます。また他にも数多くある標識は一つ一つに設置されている理由がありますので、気になるというのなら調べてみられるといいかもしれません。中には普段見ることのない標識などもあり、住宅街や山など、場所によって設置されやすい標識にも違いがあります。社会人になると運転することが増えてくるかと思われますが、安全運転を行っていきたいと考えているのなら、なにも考えずに運転するのではなく、しっかりと標識や動くものに目を向けていくようにしましょう。標識の意味に不安があるというのなら、自動車学校で利用した教科書を出してみられるといいですし、今現在は所持していないというのならインターネットでも簡単に確認できます。また、運転に不安がある方のために自動車講習会なども定期的に行われているため、標識の意味を理解するために利用を考えてみられるといいでしょう。道路を歩いていると、今まではなかった場所に標識が立つこともあります。これは市民の意見などが反映されて設置されているものもあれば、道路工事に伴って設置されるということもあります。標識がなければ衝突などの事故を防ぐのが難しくなります。ですので、今までこの標識というものに意識を向けていなかったという方がいらっしゃるのであれば、自分の生活している場所にはどのような種類のものがあるのかをチェックして見られるといいかもしれません。
Tagged on: ,三和産工株式会社