childbedlaboratory


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

食事が作れない人は外食すればいいでしょう。コンビニで出来合いのものを購入したりもできます。洗濯ができないならクリーニングサービスがあります。お店に持って行くのが面倒なら取りに来て配達してくれるサービスなども利用できます。生活をする上ではいろいろな家事をしなくてはいけませんが、面倒だからできない人、事情があってできない人など様々です。食事や洗濯であればこれまでも業者を利用すれば何とかできました。しかしそれ以外の家事となると自分でやるしかなく、できなければできないままになってしまいます。買い物ができなかったり掃除ができない人などがいるかもしれません。そこで利用したいサービスが家事代行サービスです。その名の通り、各家庭で行われる家事を代行してくれるサービスです。そもそもは掃除の代行サービスから始まっている業者が多いです。今も掃除を専門的に行う業者がありますが、さらにプラスアルファーで別の家事も行ってくれます。掃除のサービスでは、ピンポイントに大掃除や水回りの掃除を依頼した日だけ利用できるサービスがあります。それ以外に定期的に掃除に入ってもらうサービスもあります。ホテルのルームサービスのように毎日仕事に行っている間に鍵を借りて入室し、依頼されたところの掃除を行います。1週間に1度などもあります。掃除以外では洗濯や食事、そして買い物などがあります。共働き家庭でどうしても料理をする時間や洗濯をする時間がない人、自宅にいるが介護などをするために自分で家事ができない人などが利用します。料理に関しては、夕食のみ、昼食と夕食のみ、下ごしらえのみ等が選択できます。買い物は、買ってきてほしいものをメモに書き、それを買ってきてもらいます。洗濯を始めとするその他の家事は依頼された通りの仕事をするだけです。それぞれの仕事にお金がかかるより、時間単位でお金がかかるサービスが多いです。効率のいいベテラン作業員だと単価が高くなり、新人などは安くなります。
Tagged on: ,childbedlaboratory