自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

本格コーヒー店で飲む淹れたてコーヒーは格別な風味と味わいがありますが、好みで砂糖やミルクをたっぷりと入れる人も少なくはありません。自分でお金を支払って飲むのですから、どれだけ甘くしようとも構いませんが、せっかくの本格コーヒーですから、淹れたての一口目だけは、何もいれないで飲むことです。甘党の人などはつい自由に入れられる、砂糖やミルクをたくさん入れがちですが、逆に甘みを加えすぎてしまうと、本来のコーヒーの風味をかき消してしまうことがあります。いつもはかなりの甘党派であっても、丁寧に淹れるコーヒーはそのまま飲んだ方が、意外とおいしいという発見をすることがあるので、まずは何もいれずに飲むことです。一口飲んでみてから自分にその苦みが合うかどうかが判断できますし、そのうえで砂糖もミルクも好みで調整をして入れたほうが、よりコーヒーをおいしく飲むことができます。コーヒー店で運ばれてきたコーヒーカップの位置が、自分から見て左側になっていていると、そのまま左手で取っ手をもって飲まないといけないのかと考えますが、そんなことはありません。カップの取っ手を自分の手で支えて、ミルクや砂糖を入れて右手でかき混ぜやすいようにという工夫だからです。海外の人は左利きですが日本人の多くは右利きであり、日本でコーヒーを飲むときには両方の手を使い飲むのは全く問題はありません。砂糖などを入れてかき混ぜやすいようにする心配りですから、飲むときには逆時計回りにして、右手でコーヒーを取っ手を持ち飲むようにします。反対にカップの取っ手が右側で、スプーンは手前というスタンダードな状態で出されたら、スプーンは右手で使い左手でカップを抑える必要はありません。また右手でかき混ぜて使ったスプーンは手前に置かないで、コーヒーカップの向こう側へおくようにします。カップの中にそのままスプーンを入れたままにしない方が良いのは、せっかくの淹れたてコーヒーの温かさを、スプーンの冷たさで下げてしまうからです。
Tagged on: ,自家焙煎珈琲やすらぎ