Studio Palette

商品撮影は大阪のスタジオパレットへ是非、ご依頼下さい。確かな技術と経験で高品質のサービスをご提供。カタログ用写真・印刷広告用・ECサイト用など、様々な商品写真の撮影を承ります。リーズナブルな価格のプランもご用意。お気軽にお問い合せ下さい。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ネットショップなどで商品を販売するときには、見てくれる人にイメージをしっかりと伝えられることが重要です。そのため、文書はもちろんのこと商品撮影に力を入れることが大切です。本格的に始めるのであればプロに依頼をして撮影をしてもらうほうが良いのですが、出張料や加工料などに費用が掛かります。例えば、スタジオでの撮影の場合は背景や色合いの調整などの画像加工をした場合、一商品1万円ほど必要になります。ちなみに、同じ種類の商品の場合は、まとめて依頼をしたほうが安くなることが多いです。そのため、本格的な仕上がりにしたい場合には、見積もりを取って決めることが大切です。そして、できるだけ費用を掛けずに商品撮影をしたい人は自分で環境を作り行うこともできます。ポイントになるのが、シチュエーションを考えてみることです。かわいいイメージのものであれば、商品がぶれない程度に明るくします。そのため、背景を真っ白にするよりもアイボリーなど少し色がついているほうがきれいに見えます。そして、写真を撮るときの角度も大切で、正面から撮ったほうが良い場合と斜めから撮ったほうがインパクトを出すことができます。それに加えて、重要なのが光です。日光の光と蛍光灯では印象が大きく変わり、イメージに合わせて調整をする必要があります。そこで、デスクライトを使って明るさを調整することで、柔らかく見せることができます。逆に高級感を出したい時には薄暗くして商品だけをはっきりとさせる方法もあります。そして、レフ版を使うことで光を反射させて影を消すことができます。レフ版は白い画用紙などを活用することで代用ができます。ちなみに、カメラの性能も重要で、できれば一眼レフカメラを使ったほうが仕上がりに差を出すことができます。スマートフォンでも撮影ができますが、細かい色合いなどの調整などができないという面があります。そして、シャッターを切るときにぶれないように三脚も用意することが大切です。これらの点を考慮して撮影を行うことで個人で撮影をしても、十分な仕上がりになります。
Tagged on: ,Studio Palette