動画撮影

商品動画撮影ならフレストンへ。


動画制作の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日常のほのぼのしたシーンを撮影するにも良い動画撮影は、休日の楽しみやイベントの時だけではなく、ビジネスシーンにだって大活躍をするツールです。特に効果的なマーケティング戦略の一つとして、良く利用をされるインタビュー動画などは、見る人への良いアピールになります。なぜここまでビジネスでのマーケティングでインタビュー動画が活用されるようになったのか、そこには採用をしたくなるいくつもの理由あるためです。写真などの静止画像の場合だと文字で訴えかけるしかありませんが、インタビュー動画の場合は人間がそこにいて、話をして想いや情熱を言葉にして伝えることができます。どれほど企業の手掛けるサービスや商品がクオリティーの高いものなのか、企業として優れているのかなど、静止画像では伝わりにくい熱意をリアルに伝えやすいのも動画撮影あってこそです。企業で手掛ける商品を開発した本人が登場をして、どれほど熱意をもって商品開発に取り組んだのかを、インタビューで見る人に訴えかけやすくなります。商品のどの部分が他社との差を持っているのか、特にアピールをしたい面はどんなところなのか、開発者は商品のために時間も知恵も使ってきたので、そのインタビューは嫌でも見る人に伝わりやすいです。タレントが商品の宣伝をするのももちろん効果は、そのタレントの人気に便乗して高くはありますが、やはり開発者本人が出てきて話すインタビューの力は大きくなります。熱意をもって優れているところをインタビューで答える開発者を映像で見ることで、その商品への期待感は高まるばかりです。開発者だけではなくお客サイドの声をインタビューした動画撮影を流すのも、商品を買うか迷っている人の背中を押す行為になります。ユーザーインタビューは実際に商品購入をした人のインタビューですから、消費者側からしたらその人は同じ立場の人間です。その同類が使って良かった商品だとか、サービスを取り入れて正解だったという声のインタビューがあれば、買ってみようという気持ちになります。
Tagged on: ,動画撮影