アクイル

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近はクラウド型のシステムやツールが、色々登場しています。分かりやすい例はフリーメールです。メールソフトなどは導入する必要もなく、所定のサイトにアクセスをすれば、メールの各サービスは利用できます。サイトにアクセスすれば良いので、わざわざパソコンに専用ソフトをインストールする必要もありません。何もメールだけではありません。セキュリティ用のツールも、最近はクラウド型が登場しています。軽さなどを重視するなら、クラウド型のツールも前向きに検討してみると良いでしょう。例えばウィルスソフトです。もちろんウィルスソフトには、パソコンのセキュリティ性を高めてくれる機能があります。しかしソフトをインストールしますと、パソコンの動作が大変重たくなってしまう事もあります。ソフトによっては、容量が非常に大きいからです。ハードディスクの容量が圧迫されてしまえば、動作が重たくなる事もよくあります。法人も同様です。企業のネットワークに、何かシステムを導入すると、重たくなってしまう場合があります。サーバーなどの要領が圧迫されるからです。ところがクラウド型のサービスは、そうではありません。たとえそれを導入したところで、あまり重たくならない傾向があります。上述のフリーメールも、クラウドのサービスの1つです。フリーメールを利用する分には、パソコンの動作が著しく重くなる訳ではありません。容量が大きなソフトをインストールする必要が無いからです。つまりメールソフトにするより、クラウド型のメールにする方が、動作は軽くなる傾向があります。セキュリティのツールも、それは同様です。クラウド型のツールですと、WEBのシステムを活用する都合上、わざわざ重たいソフトなどを導入する必要はありません。容量が圧迫される事もないので、総じて動作も軽いです。またクラウド型のシステムは、総じて費用も低めな傾向があります。ですから最近では、クラウド型のセキュリティが導入されるケースも増えてきています。
Tagged on: ,アクイル