アクイル

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

会社をしっかりと運営していくためには、ISOで審査を通すことが非常に重要となります。特に、マニュアルの中身によっては、セキュリティの項目を突破しなければならないので、内部監査をしっかりと行っておく事が大切だと言えるでしょう。内部監査を行う上で適切な人物をピックアップし、その上で実践することが重要といえます。セキュリティの項目に関しては、日ごろから特定の現場で活躍している人間に動いてもらったほうが、無難です。上の人間が現場の事を理解しようとしても、なかなか難しいことがあるでしょう。日ごろから現場の流れなどを理解しているような業者にお願いした方が、割とスムーズにマニュアルを作成できます。ただ、セキュリティの項目を含めたISOに対する書類を作成する上では、なかなかに時間がかかるのも疑いようのない事実です。日ごろから現場の人間が忙しく、あまり書類を作る時間を割くことができないような状態なら、ある程度お金を支払ってでもコンサル業者にお願いした方が良いでしょう。今までいくつもの実績があり、しっかりとしたサポートを提供してくれるような、間違いのないコンサルティング業者を探すことが大切だといえます。実際に信頼と実績があるかどうかは、特定の企業の口コミ情報などに目を向けて、その上で判断しておくべきです。コンサルティング業者を特定したら、実際にミーティングを行って、しっかりと話し合いをした上で判断するようにしましょう。現場を見てもらい、マニュアルを作成してもらうだけではなく、今後のアドバイスなども的確にしてくれるような、アフターサポートも万全に行ってくれるコンサルティング業者を選ぶことが重要です。昔に比べてもITソリューションが中心の時代となり、情報流出問題なども目立つようになってきました。そのような問題の発生を未然に防ぐといった意味でも、ISO審査を通すことに向けて、セキュリティに注目しておくことには非常に大きな意義があります。
Tagged on: ,アクイル